これだけは知っておきたい株式投資での利益とは

株価が安いときに購入して値上がりしたら売る、その差額が利益となり、このことを「キャピタルゲイン」とも言います。でも、株式投資における利益とはそれだけではありません。株を持ち続けることによって得られる利益のことを「インカムゲイン」と呼び、更にもう2つの利益があります。

 

インカムゲインのうちひとつは「株の配当金」です。株を保有するということはその企業の出資者のひとりになるということです。企業は出資者のお金で商売していますので、そこから得られた利益のうち一部は将来への投資に回して残りを出資者の株の保有数に応じて分配してくれます。この配当金が利益となります。

 

もうひとつは「株主優待」です。その株を保有することによって得られるおまけのサービス的な意味合いがあり、企業はインカムゲインを強化することによって長期に株主に還元しながら株を保有し続けてもらうことで、安定的な経営につなげていきたい狙いがあります。

 

まとめると、株を売買することによって得られる利益をキャピタルゲイン、株を保有することによって得られる配当金と株主優待のことをインカムゲインと言って、株式投資の魅力となっています。

 

注意点としては、その企業の業績が悪かったり、世の中の景気やその他の要因で株価が値下がりしている局面では、株の売買によって損を出してしまうことがあります。

株の配当も企業の業績がずっと悪かったりすると配当を減らされたり、無配当になることもありますので、株の銘柄選びには広く情報を収集すると良いでしょう。